ブロッコリーブーム!美容やダイエットにおすすめの理由とは?

~こんな方へおすすめの記事です~
①ブロッコリーブームが気になる
②ブロッコリーに含まれる成分を知りたい

最近、人気のYoutuberや芸能人たちが食事でブロッコリーを食べている姿を見ることに気が付きました。

なんでだろう!?と思いすぐに知り合いの管理栄養士に連絡!

 

なんでブロッコリー食べてる芸能人とかYoutuberが多いの?

ブロッコリーは美容とかダイエットに凄く良んだよ!

たくさんのことを教えてもらったので記事にしてみました。

本記事を読んでいただければ、今すぐブロッコリーを美容やダイエット、筋トレ中の食事のお供にしたくなるはず!!

興味のある方は最後まで読んでみてくださいね。

それでは、よろしくお願いします。

目次

ブロッコリーブーム!?低糖質&高栄養価で美容やダイエットにおすすめ

ブロッコリーは緑黄色野菜のなかでも、とても栄養豊かな野菜のひとつです。

ビタミンCなどの各種ビタミンや、ミネラルをたっぷり含んでいます。

美肌作用があり、健康的にやせられる野菜なのだそうです。

だからこそ、人気のYoutuberや芸能人が食べているんですね。

そんなブロッコリーについてたっぷり解説していきますね!

ブロッコリーの栄養価

ブロッコリーの栄養価については「旬の食材百科」さんでかなり詳しくまとめられていますので、そちらをご覧ください。

ブロッコリーには葉酸が多く含まれています。葉酸は妊娠中の女性に積極的に摂取してもらいたい栄養素です。

なぜならば葉酸はDNAの合成や調整に深く関わっており、正常な細胞の増殖を助ける働きがあります。妊娠中の女性は胎児の成長にの為に葉酸を大量に必要とされます。そのため、普段の必要量の約1.7倍摂取する必要があると言われています。

ブロッコリーが美容やダイエットにおすすめの4つ理由

ブロッコリーはボリューミーである食べ物であるにもかかわらず、100g(1/3株)あたり33kcalととても低カロリーです。

それだけでなく、ブロッコリーに含まれる成分には

  1. 脂肪の蓄積を抑制
  2. むくみ対策
  3. 便秘対策
  4. 美肌効果

このような効果があると言われています。

これらが美容やダイエット効果をもたらしてくれるのです。

脂肪の蓄積を抑制する

ブロッコリーには「クロム」というミネラル分が豊富に含まれています。

「クロム」には糖質・タンパク質・脂質の代謝をサポートする役割があります。

糖質などは代謝によってエネルギーとして使用されますが、エネルギーに変換されなかった分は脂肪として体内に溜まっていくことで体重増加の原因になります。

そこで「クロム」が代謝のサポートを行うことで脂肪の蓄積を抑制をもたらしてくれるのです。

むくみ対策に有効

人間の体は細胞の集合体からできています。

細胞内の水分がうまく排出されないと体がむくんでしまいます。細胞内に溜まった水分が増えることは体重増加の原因になります。

ブロッコリーには「カリウム」と言う電解質を多く含みます。

「カリウム」は細胞際の水分量のバランス調整を行ってくれます。余計な水分の排出を促すことで、むくみの緩和につながり、体重減少につながります。

便秘対策に有効

ブロッコリーには食物繊維の含有量が多いです。

ブロッコリーに含まれる食物繊維は水に溶けにくい性質で、腸の中で水分のコントロールをしてくれます。その結果、腸の動き(腸蠕動)の更新されて、便通を良くしてくれます。

ブロッコリーは女性の間で大人気の「腸活」に有効ですよ!

美肌効果あり

ダイエット中は、ストレスで肌トラブルが多くなりがちです。

しかしブロッコリーには、美肌効果が期待できる成分ビタミンA・ビタミンC・スルフォラファンが豊富に含まれています。

  • ビタミンA:皮膚や粘膜の保護→肌荒れ対策
  • ビタミンC:コラーゲンの生成→シワやたるみの対策
  • スルフォラファン:メラニン生成の抑制→シミの対策

このような効果が期待できます。

トレーニング時の食事にもピッタリ!

トレーニング中の食事にこだわる方にもブロッコリーはおすすめです。

なぜなら低糖質なのにたんぱく質が豊富だから

ブロッコリー100gあたりたんぱく質4.3g含まれています。

トレーニング中の強い味方である「鳥のササミ」と組み合わせるとよりボリューミーでたんぱく質を補給できる食事を摂ることができるでしょう。

ライザップ×吉野家のコラボ商品
ライザップ牛サラダにもブロッコリーが入っているんですよ!

ブロッコリーの栄養分をなるべく逃がさないテクニック

ブロッコリーの栄養分をしっかり摂取するためのテクニックの紹介です。

レンジで蒸す!

茹でてしまうとブロッコリー内のビタミンCやミネラルが逃げてしまいます。

なぜならビタミンCは水溶性だから。

茹でてしまうと、レンジで蒸した時の2倍ビタミンやミネラルが逃げてしまうそうです。

ですので、ブロッコリーを食べるときは蒸して食べましょう

茎まで食べる

茎の方が栄養価が高いの知っていましたか?

茎の中でも柔らかい部分を選別して、食べやすくカットすることでブロッコリーの栄養を無駄なく摂取することができますよ!

ブロッコリーのおすすめ調理方法

知り合いのブロガーに「酔いどれ」さんという方がいます。

料理に詳しく、料理関連の記事をたくさん上げている方です。

そんな酔いどれさんにブロッコリーのおすすめ調理法を聞いてみると、なんと記事を作成してくれました。

興味のある方はぜひ見に行ってくださいね!

⇒酔いどれさんのおすすめ調理法

まとめ

ブロッコリーは栄養豊富で美容、ダイエット、筋トレにピッタリだからたくさん食べてね!

今更でしたが、知り合いの管理栄養士さんから教わったブロッコリー知識をまとめてみました。

ダイエット効果:脂肪蓄積抑制、むくみ軽減、便秘軽減
美容効果:美肌成分豊富
筋トレ時の食事:低糖質なのにたんぱく質豊富

人気のYoutuberや芸能人が食べている理由が解決しました。

余談ですが、記事執筆中にどうしても食べたくなって買ってきてしまいました!(笑)

小分けに便利な冷凍ブロッコリーですが、使ってみると便利ですね!

皆さんもたくさんブロッコリーを食べて健康&美容&ダイエットライフをお楽しみくださいね!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる