失敗してしまう人の特徴9選 目指すべきは”ルフィ”の生き方

~こんな方へおすすめの記事です~
①失敗しない生き方をしたい
②成功者になりたい

失敗しない人生を送りたいんだよなぁ。

勝ち組になって人生を豊かにしたい方必見です!

投資の勉強をしている方や日々自己研鑽に励んでいる方の多くが

「成功」に向けての努力

をされていると思います。

成功者が発信しているマインドを自分自身に取り入れるのって、凄く大切なことですよね。

それともう1つ、とても大切なことがあります。

それは

「失敗しない努力」をすること

です。

僕は看護師という職業柄、人間観察をするのがとても好きです。

これまでたくさんの人と出会ってきて、成功している人も失敗している人も見てきました。

どんな人からも学ぶべきものはあると思って僕は接しています。

成功する人も、失敗する人もなるべくしてなるものなのだと僕は思っています。

勝ちに不思議の勝ちあり
負けに不思議の負けなし

という言葉があるように。

色んな人を見てきた僕が思う、失敗する人の共通点をまとめてみました。

本記事を読んで、「成功する」だけでなく、「失敗しない」努力もしてみると、より成功に近づけるかもしれません。

本記事での「成功」はお金のことだけではなくて、仕事だったり人間関係だったり…。

僕自身は成功している人間なんかじゃありません。でも努力はしている人間です。

だからこそ、皆さんと一緒に「成功」の景色を見てみたい。何かを成し遂げてみたいって思っています。

それでは、よろしくお願いします。

目次

失敗する人の共通点

失敗してしまう人の共通点
①人に何かを与えられない
②目先の利益を追ってしまう
③ 継続ができない
④ 知らないものを否定する
⑤ リアクションが小さいor下手
⑥ ルーティンを壊せない人
⑦ 時間の価値を理解できていない
⑧ 捨てられない
⑨ 常に真剣に臨む

上手に生きていけない人はどれかに当てはまるのではないでしょうか?

ひとつずつ考えてみましょう。

人に何かを与えられない

Give&Takeの精神なんてよく言いますけれども、Takeばかりを求めてはいませんか?

Giveができる人間になって初めて成功に近づくことができます。

最初は誰かから与えられる側だと思います。

それを自分の成長と共に何かを与えられる人になりましょう。

インプットするだけでなく、アウトプットするということがすごく大切なんですよ!

目先の利益を追ってしまう

「損して得取れ」

僕が小さいころから会社の役員をやっていた祖父によく教わっていました。

自分が苦しい場面でも人を助けるっていうのは難しいことかもしれません。

でも、助けられた側は一生忘れられない出来事となるでしょう。

そういう、自分にとって辛いこと、苦しいこと、時間の浪費など

「小さな損を積み重ねた結果、いつか大きく自分に返ってくる」

ということを僕の祖父は何度も体験しており、僕が小さなころから教え続けてきてくれました。

「人に何かを与えられない」というのと似ているかもしれません。

「施されたら施し返す。恩返しだ!!」
ドラマ半沢直樹2より 

投資においては「損切り」がまさに「損して得取れ」ですね!

継続ができない

新しいことを学んだ時って、その場ではすごく前向きになってやる気に満ちていると思います。

その時の気持ち、どれくらい続きますか??

自己研鑽する姿勢は大切です。

でも、それを継続することはもっと大事です。

新しいことを始めるのは勇気がいりますし
新しいことを続けるのは精神力が必要です

継続できるか?できないか?が成功と失敗の分かれ道になってしまうのでしょうね。

知らないものを否定する

これは日本人に多いと思います。

イメージや評判が悪い、知らないから…といって否定するのは、いつか自分の可能性を狭めることになってしまいます。

特に「お金を稼ぐ」や「投資」は悪のようなイメージが強く、否定的な意見が多いでしょう。

本質を知った上で否定できていますか?

それができる人は、しっかりと議論ができる、「成功する」側の人間です。

でもそれができない人はただの無知。

知らないものを知ろうとする努力、物事の本質を知るということがとても大事です。

リアクションが小さいor下手

これは人間関係において一番大切だと思うのですが、適切なリアクションを取ることができるということは大切です。

特に人から何かをしてもらった時のリアクションは大切にしましょう。

看護師をしていてとても実感します。

僕たちは喜んでもらいたいとか対価を求めて仕事はしていませんが、やはりぶっきらぼうにされるといい気持ちはしません。

逆に些細なことでも喜んだり笑顔を見せてもらえるともっとその方のために頑張りたくなります。

リアクションというのは人間関係を充実させるためにも重要ですね!

ルーティンを壊せない人

ルーティンを持っていることはとても大切です。

しかし、それを壊すことができるのも、もっと大切です。

既存のものと新しいものを組み合わせていくことで、アイディアは生まれてきます。

自分の壁を壊せない人はリスクが取れない人です。

つまり挑戦ができなくなる=成功できない。

守りの人生になってしまいます。

型や常識を壊して行動をして、
チャンスは巡ってくるのを待つのではなく
自分で取りに行くのが成功への近道

時間の価値を理解できていない

「時は金なり」という言葉がありますよね。

お金と同じくらい時間というのは大切です。

自分の時間を浪費してしまう人は失敗することが多いですが、自分の時間だけでなくて相手の時間も奪ってしまう人は仕事においても人間関係においても成功することはできないでしょう。

「時間」というのは唯一誰にでも平等に与えられているものです。

全員が1日は24時間です。

唯一与えられた平等という価値のある物を
誰よりも大切にすることで
成功に一歩近づくと思います

捨てられない

プライド、固定概念、成功体験…たくさんのものが自分自身を縛り、その結果

チャレンジできない

挑戦ができない

新しいものを取り入れられない

そんなことはありませんか?

気持ちだけでなく、部屋のものを捨てられない、デスク周りが汚いのも仕事効率などを格段に下げ

失敗の原因になってしまいます。

常に真剣に臨む

物事に真剣に取り組むのは大切ですが、常に100%で取り組んでしまうことも失敗の原因でしょう。

「適度に遊び心を取り入れる」というのも大切ではないでしょうか?

真剣すぎた故に空回りをしてしまうということもあります。余裕がなくなっている証拠ですよね。

まとめ

本記事では失敗してしまう人の特徴をまとめてみました。いかがでしたか?

僕はこの記事を書いていて、ONEPIECEの主人公、ルフィを連想しました。

ルフィは成功しようとしているのではなくて、常にアップデートして目標に向けて努力をし続けている結果、何事にも失敗することなく、結果的に成功の道を歩んでいるのではないかな?と僕は思っています。

地道に自分を高めながら成長を続けていって、その先に成功があるのではないのでしょうか?

元野球選手のイチローさんも

「積み上げた先に大きなものが待っている」

と話すように、継続することが本当に大切なのでしょうね。

1%の天才と99%の努力

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる