災害などでの停電時に用意しておきたかった〇〇〇〇〇!【災害対策】

~こんな方へおすすめの記事です~
オール電化の家の人は必見
✅災害時に準備しておきたいおすすめグッズを知りたい
✅被災者の経験をした時に「これだけは欲しかった」モノを知りたい

日本は地震大国。直近10年間で体に感じる震度1以上の揺れがあった地震は1万4711回です。

2011年の東日本大震災後は特に増加している地震。

つい先日、2021年10月7日の23時44分にも千葉北西部を震源とした震度5レベルの地震が起こりました。

皆さんは自宅に災害時用のグッズを準備されていますか?

僕は2011年の東日本大震災の時、東北で大学生をしていました。

3月の東北はまだ雪も残っており寒い。当時の僕の家はオール電化。

幸い僕の地域は2日間の停電でライフラインは復旧しましたが、”たった”2日間の間でもたくさん生活に困りました

その中に部屋がオール電化だったからこそ、困ったことがありました。

その反省を基に今はとある生活グッズを災害時用に準備しています。

そして、今は災害特化のチームのDMATの一員として災害時に備えて訓練を重ねています。

本記事で紹介する物はオール電化でない方も用意しておくと必ず便利なグッズです。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。それではよろしくお願いします!

目次

東日本大震災の苦労した体験談

2011年3月11日東日本大震災。

当時は東北で大学生2年生でした。震度5レベルの大きな地震後に停電。

信号も止まってしてしまうレベルの大規模な停電でした。

自宅は丸2日間の停電。僕が住んでいたマンションは6階建ての6階オール電化のマンションでした。

水とカップラーメンのストックがたくさんありましたので「数日は生活できるだろう…。」と思っていましたが、その考えは甘かった。

オール電化のせいで
お湯を沸かすことができない…

そのせいで、食事にありつくことができずにとても辛い思いをした経験があります。

食べ物が目の前にあるのに、オール電化でお湯がないせいで食べられない。

これが僕の人生においてかなり貴重な経験になりました。

そもそも小型の発電機などの準備があれば問題は解決したのでしょうが、しっかり備えている家庭は一握りでしょう。

だからこそこのグッズは絶対に備えておかなければいけないと学びました。

⇒Ankerの高品質製品を災害時の備えにしよう!【おすすめ】

絶対に用意しておきたい「ガスコンロ」

タイトルやここまで匂わせてきたグッズ。

それはガスコンロです。

特にオール電化の家ではこれがないと東日本大震災の当時の僕同様に食料に困ることになります。

水もある、カップラーメンもある。それなのに食べられない…。こんなに辛い思いをせずにすむアイテムです。

災害時(特に停電時)において「電気」「火」はかなり重要な役割を担います。

料理だけでなく、暖を取るにも火が必要。

ガスコンロだけでなくライターやマッチ、チャッカマンなどもあると良いでしょう。

災害時のグッズとして1つにまとまっているといいですね。

普段、ガスコンロを家庭で使ったりする人に関してはガスボンベのストックを忘れないようにしましょうね。

ではまとめます。

まとめ

災害グッズとして必ずガスコンロを準備しておきましょう

特にオール電化の方は絶対に準備しておいてください。

オール電化だとお湯が出ない。そもそもマンションだと水をくみ上げてくるのに電気を使用するので水が出ない

ガスコンロがなければ本気で食事に困ってしまいます。

その他の生活は何とかなります。

仮にカップラーメンなどを準備していたとしても、お湯がなく食べられず、非常用の準備として不適切でした。

でもそれがガスコンロがあるだけで解決します。

ライフラインが止まっている間、食事ができないのが何よりも辛かった…。

そんな経験を皆さんにしてもらいたくないので本記事を作りました。

首都圏直下型地震

先日の千葉北西部の地震が発生して、そう遠くない未来なのかもしれないと危機感を強めました。

災害時、国が精一杯の支援を考えてくれますが、それだけでは不十分のことも多々あります。

だからこそ自分で備える責任がある。

自分の身は自分で守るようにしましょう。

特にオール電化の家に住んでいる皆さん、必ず下記のリンクよりガスコンロ購入して備えておいてくださいね!

予備のガスボンベもお忘れなく!!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる