ポカリスエットとアクエリアスの違いは?脱水や熱中症予防にはどちら良い?

~こんな方へおすすめの記事です~
①ポカリスエットとアクエリアスの違いを知りたい
②どんな場面で飲むのが適切かを知りたい

皆さん脱水症予防ために、こまめな水分摂取はできていますか?

僕の働いている病院にも既にたくさんの熱中症患者さんが運ばれてきています。

中には重症な方もいて、命を失ってしまうことや植物状態になってしまうことも珍しくはありません。

水分摂取といえばスポーツドリンク。

スポーツドリンクといえば

  • ポカリスエット
  • アクエリアス

2つが有名ですよね。それぞれの特徴、ご存知でしょうか?

本記事では、ポカリスエットとアクエリアスの特徴を踏まえて、どのような場面の飲むのが体に良いのかを解説します。

それでは、よろしくお願いします。

目次

まず結論

まず結論から。

ポカリスエットは汗をかいた時の水分補給

アクエリアスはスポーツ時の水分補給

に適したスポーツドリンクになっています。

その秘密はそれぞれのドリンクに含有される成分にあります!

以下の表にまとめます。
※100ml当たりの成分です。ポカリスエットはペットボトルの成分をまとめています。

ポカリアクエリアス
エネルギー25kcal19kcal
炭水化物6.2g4.7g
ナトリウム49mg40mg
カリウム20mg8mg
カルシウム2mg0.8mg
マグネシウム0.6mg1.2mg

脱水や熱中症対策について各機関からの指針

厚生労働省※1が熱中症対策として推奨する飲料の塩分濃度は0.1~0.2%です。

この時、100ml中には40~80mgのナトリウムが含まれていることになります。

※1厚生労働省「職場における熱中症の予防について

また、日本スポーツ協会※2

  • 補給した水分の吸収スピードを速め、かつ体内に長くキープするためには「イオンバランスの取れた飲料がオススメ」
  • 1時間以上の運動をする場合には、4~8%程度の糖質を含んだものが疲労の予防だけでなく水分補給効果にも役立つ

としています。
※2日本スポーツ協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック

ポカリスエット、アクエリアス共にこの基準はクリアしている商品なので、

脱水や熱中症対策に有効

であるスポーツドリンクです。

それぞれのドリンクの成分をもう少し細かく見てみます。

ポカリスエットの成分、どのような効果?

ポカリスエットの公式HPより抜粋していきます。

ポカリスエットは「飲む点滴」をコンセプトに作られている商品です。

体の成分に最も近い飲料になっています。

汗や尿から体の中の水分は外へ排出されます。

特に夏場は汗からの排出が多いです。

ここで、汗の成分とポカリスエットの成分に着目してみましょう。

ポカリ
ナトリウムイオン2118~47
カリウムイオン53.1~5.8
カルシウムイオン10.7~3.4
マグネシウムイオン0.50.3~2.8

このようにポカリスエットは汗の成分と似ており、イオンバランスが取れたドリンクです。

ポカリスエット独自の研究でも

  • 脱水からの回復が早かった
  • 体内での水分量のキープ力が高い

このような結果が出ています。

水分補給および保持だけの効果だけでなく、

  • 砂糖
  • ブドウ糖果糖液糖
  • アミノ酸

も十分含まれているので、スポーツ時の飲料としてもオススメのドリンクになります。

~小ネタ~
ポカリスエットって缶とペットボトルで味が違うと思いませんか?僕はずっと疑問に思っていたんです。今回調べてみると缶の方が少し味が濃く作られていることがわかりました!

アクエリアスの成分、どのような効果?

次にアクエリアスの特集です。

こちらもアクエリアス公式HPから抜粋していきます。

アクエリアスは、先述した塩分、糖分に関しては各機関が示している指針をクリアしています。

それを前提として他の特徴を説明します。

アクエリアスにはポカリスエットに含まれていない成分として

  • クエン酸Na
  • アルギニン
  • ビタミンC
  • 甘味料
  • イソロイシン
  • バリン
  • ロイシン

このようなものが含まれています。

アルギニン「元気成分」

クエン酸「疲労回復」

イソロイシン、バリン、ロイシンは必須アミノ酸で「BCAA」と呼ばれる成分です。

これは、体内で生成することができないので経口摂取するしかありません。

「BCAA」は

  • 筋肉→損傷軽減、分解抑制
  • 運動能力の向上→グリコーゲンの節約、乳酸産生抑制

このような効果があります。

したがって、アクエリアスはスポーツ時のパフォーマンス能力の低下を抑制することが期待できるドリンクとなっています。

まとめ

ポカリスエット:人の成分に近いため水分補給時の体への吸収が早い&体内での保持能力が高い
アクエリアス:スポーツ時のパフォーマンスに期待

このような感じで使い分けて飲むと良いのではないかと思います。

暑い時期はたくさん汗をかくと思います。

脱水症や熱中症のリスクがかなり高いシーズンです。

皆さんもしっかりと水分補給をして、各々が正しい知識を持って予防していきましょうね。

脱水症についてはこちらの記事で簡単にまとめているので、興味のある方は読んでみてくださいね。

⇒看護師が教える脱水症状の簡単対策!水分と塩分が大切!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる