【高所得への第一歩】読書がもたらす3つの効果と実践方法

~こんな方へおすすめの記事です~
①読書のメリットを知りたい
②お金持ちが読書をしている理由が知りたい

読書には知識を付ける以外にも3つ大きな効果をあると世界中で研究結果が発表されています。

ご存じですか?

①ストレス緩和
②教養が身に付く
③寿命が延びる

これらを得た人がお金持ちにどんどん近づいていくのです。

どんな関係があるか、ここまで読んだ時点で想像できますか?

本記事では、読書がお金持ちを生み出すということについて、海外の文献を参考にしながら解説していこうと思います。

なるべく簡単な言葉で説明しますので最後までご覧くださいね!

翻訳が間違っていたりしたら申し訳ありません…。

それでは、よろしくお願いします!

目次

読書はストレス緩和に効果あり!

本章では2つの論文を参考にします。

①イングランド サセックス大学による研究(2009)1)

・ 1日6分以上の読書をすることで最大68%のストレスを軽減させる
・認知症の予防につながる
・うつ病の割合を減らす
・読書は散歩よりもストレス緩和に300%効果的

ティータイムでのリラックス、ゲームをする、音楽を聴くといった行為よりも読書の方がストレス緩和に効果があると述べています。

②イングランド リヴァプール大学
『読書と文学および社会研究センター』の4000人対象調査(2015)2)

・1日30分以上読書をする人は生活満足度が20%高い
・うつ病発症リスクが28%低い
・自尊心が18%高い

読書がストレス緩和効果があるのは既に社会的に実証されています。

では、ストレスとお金の関係は・・・。

ストレスが溜まると
衝動買いが増えてしまう

読書は教養を身に付ける

アメリカ テンプル大学の研究(2018)3)

・「読書は教養を身に付ける」
・書籍代が心配な方は図書館に通うようにアドバイスされています。
・教養レベルが高い人は高所得である

この結果は、お金持ちとどのような関連があるか、すぐにわかりますよね!

読書は寿命を延ばす

①アメリカ イエール大学の研究(2016)4)では

50歳以上の3635人を1週間の平均読書時間で分け、12年にわたり追跡調査しています。
・週に3.5時間以上読書をする人は、全くしない人よりも12年後の死亡率が23%低い
・週に3.5時間未満読書をする人は、全くしない人よりも12年後の死亡率が17%低い
・読書をする人としない人では、する人の方が2年間長生きする

②イングランド サセックス大学による研究(2009)1)

・読書は血圧、心拍数を下げる効果がある
・読書は筋肉のリラックス効果がある
・読書は睡眠促進効果がある

血圧コントロールや睡眠は生活習慣病予防、進行防止に効果があります。

生活習慣病は脳卒中や心臓疾患など日本人の死亡率の50%程度の疾患に至ってしまいます。

つまり、読書には寿命を延ばす効果があるということです。

長寿とお金持ちの関係は…

ズバリ、

複利効果の最大化です!

⇒【資産運用】複利の力を最大限に活かして効率の良く資産を増やしましょう

「読書」がもたらす3つの効果がお金持ちを作り出す!

①ストレス緩和により無駄遣いを減らす=支出を減らす
②教養を身に付け、高所得へ=収入を増やす
③寿命を延ばして複利の力を得る=お金を増やす

お金持ちになるための3ステップです!

⇒【投資の基礎】これから資産運用を始める方におすすめの3ステップ【お金の大学】

お金を増やすための一番の近道はこの3ステップを踏んでいくことです。

「読書」には、このような隠された効果があるの知っていましたか?

まとめ

4つの海外文献を参考にし読書の優位性をまとめてみました。

読書をすると

①ストレス緩和
②教養が身に付く
③寿命が延びる

そして

①ストレス緩和により無駄遣いを減らす
=支出を減らす
②教養を身に付け高所得へ

=収入を増やす
③寿命を延ばして複利の力を得る

=お金を増やす

このような効果がありました。

1日30分読書をするだけで人間として成長ができ、健康で長生きすることができます。

そして適切な資産運用をしていれば、誰もがお金持ちになれるチャンスがあるということです。

誰もがお金持ちになれるチャンスがある

読書には様々なスタイルがあり、今では「聴く読書」というものも生まれてきています。

⇒【聴く読書】オーディオブックが最新で最高の読書法!

ぜひ、皆さん読書をして心身ともに健康に、お金持ちを目指していきましょう!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

参考文献

1)Reading for Stress Relief:England sussex,univercity(2009)
2)Reading Between the Lines:the Benefits ofReading for Pleasure:Josie Billington(2015)
3)William H. Hampton :Good Things for Those Who Wait: Predictive Modeling Highlights Importance of Delay Discounting for Income Attainment(2018)
4)Avni Bavishi”A chapter a day: Association of book reading with longevity”(2016)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる