【セロトニン】食事で幸せホルモンを分泌!科学的に幸福感UP!

~こんな方へおすすめの記事です~
①食事で幸せになりたい
②セロトニンってなんだ??

人間の体内では幸福感をもたらす

セロトニン

というホルモンが分泌されます。

セロトニンの分泌が多いほど幸福感を得られると言われています。

そんなセロトニン、日々の生活を少しだけ変えることで分泌量を増やすことができるのです。

本記事では食事にフォーカスを当てて、皆さんの幸福度を高めていきたいと思います。

友達の管理栄養士に

セロトニン増やすために良い食べ物ない?

と聞いてみたところ、お手軽に摂取できる食べ物を教えてもらえたので、ご紹介します。

自宅での時間が増える昨今の世の中で、少しだけでも皆さんの幸福度を高める一助になると嬉しいです。

それでは、よろしくお願いします!

目次

セロトニンとは?

まずは、医学的なことから説明していきます。

セロトニンとは

  • 脳内の神経伝達物質の1つ
  • 精神を安定させる働き(幸福感)
  • 生体リズム調整
  • 神経内分泌調整
  • 睡眠・体温調節

に関与するホルモンです。

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから合成されて体内で生成されます。

セロトニンは

  1. 精神の安定や安心感
  2. 平常心の保持
  3. 頭の回転を良くする

といった脳を活発に働かせたり、活動性を上げるための鍵となる物質です。

セロトニンの減少はメンタルヘルス疾患を引き起こす原因や更年期障害の原因になってしまい、薬剤治療が必要になる場合があります。

基本的には十分な量のセロトニンの分泌が体内ではされていますが、分泌が少ない時にはイライラしてしまったり、気持ちが落ち込んだりしてしまうことがあります。

環境的な要因もありますが、トリプトファンの摂取が少ないとセロトニンの分泌も少なくなってしまうので注意が必要です。

⇒【生活習慣改善】生活習慣病ってどのような病気?予防方法は?

セロトニンの分泌方法と活性化

セロトニンを分泌するために必要なことは

  • 日光に当たること
  • 食事をとること

セロトニンを活性化させるために必要なことは

  • 適度な運動
  • 感情を動かす(映画など)
  • 人と触れ合うこと
  • 睡眠をしっかりとる
  • 【重要】腸活をする

⇒【睡眠改善】アメリカ式!入眠を早くするための3つの方法

このようなことが挙げられます。

セロトニン分泌低下をもたらす環境的要因は

天気が悪いこと

このような日には食事でセロトニンの分泌を促したり、セロトニンを活性化させるための行動をとることが大切です。

セロトニンというのは脳内には2%程度しかありません。

90%程度は腸内に存在するのです。

腸内で生成されて、血液に乗って脳に届き、様々な働きをしてくれます。

よって、腸活をすることがセロトニン活性化のためには最も重要です。

食事でセロトニンの分泌向上!科学的に幸せになろう!

本記事の本題です。

セロトニン増やすために良い食べ物ない?

こんな質問を友達の管理栄養士さんにしてみました。

フルーツグラノーラにバナナ1本乗せて、ヨーグルトと蜂蜜かけて食べて!飲み物は野菜ジュースね!

だそうです。

セロトニンの産生のためには

  • トリプトファン
  • ビタミンB群
  • 炭水化物

この3つが必要です。
特に「バナナ」には全てが含まれていて、とても良いみたいですよ!

質問したら即答で上記の返事だったので、相当効果的なのでしょう!

蜂蜜は「マヌカハニー」が特に栄養価が高く、免疫力を上げる効果があるのでオススメとのことです。

お米も食べたいんだけど…。

毎日フルーツグラノーラも辛いので、こんな質問もしてみました。

これも即答。

納豆と卵と味噌汁がいいよ!大豆とか味噌とかは積極的に食べて!バナナも忘れずに!

ちなみに、普段からトレーニングをされている方、朗報です!

トレーニング効果を高める食べ物として良く挙げられている物に、上記3種の栄養分が入っていることが多いそうです。

定期的にトレーニングをしている人に前向きな方だったり、活動的な方が多いのはセロトニンをたくさん分泌して、運動で活性化させているからなのかもしれませんね!

友達の管理栄養士さんオススメのマヌカハニー、試してみてくださいね!

まとめ

食事には

  • 純粋に食べることが楽しい
  • 咀嚼(=運動)で脳の回転が上がる
  • セロトニン産生の手助け

このような理由で幸福度が上がります。

皆さんにとって食事はどのようなものですか?

ただの生きるための手段?

「食事って人生を幸せにするもの」

そう思って生活していくだけでも、人生が楽しくなるのではないでしょうか?

体内のセロトニンが足りなくなると、気持ちが落ち込んでしまったり、精神的な病気にかかってしまう方もいます。

  • 朝起きたら日の光を浴びて
  • 食事でセロトニンを産生しやすくして
  • たくさんの人とコミュニケーションを取り良く笑う

コロナ禍で息苦しく、センチメンタルになってしまう世の中ですが、多くのことをインプットできる貴重な時間だとも思います。

こんな時代だからこそ、幸せホルモンの分泌を促して、幸福感あふれる人生にできるような努力をしてみませんか?

食事で科学的にも幸せになることができます。ぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる