【感染予防】コロナウイルスにはサージカルマスクが最も有効!

~こんな方へおすすめの記事です~
①コロナウイルスに有効なマスクを知りたい
②感染対策をしっかりとしたい

コロナウイルスだけでなくインフルエンザなど唾液などを介しての感染予防のために一番有効とされるマスクを知っていますか?

「サージカルマスク」というマスクが一番効果的です。

病院で医療従事者が使用しているマスクは全て「サージカルマスク」

このマスクはウイルス類がマスク内に侵入するのを95%以上カットしてくれるマスク

となっています。

布やポリウレタン製のマスクは50%程度と言われています。

緊急事態宣言を経て、感染者数や入院患者さんもかなり減ってきました。

しかし、ワクチンの普及がまだこれからのフェーズですので、今後も集団免疫の獲得が完了するまでは一人一人が意識して感染予防をしなければ、いつ感染爆発が起こるかわからない状態です。

今回はコロナ専門病棟でも実際に働いた僕が、マスクの種類と感染予防の有効性を解説します。

本記事を読めば、サージカルマスクを選択する大切さがわかると思います。

ぜひ最後まで読んで見てくださいね。

それではよろしくお願いします!

目次

マスクの種類

布(ポリウレタン)マスク

メリット:デザイン性に富んでおり、ファッションの一部なっています。洗濯をして繰り返し使うことができるのもポイントです。

デメリット:ウイルス類の遮断性50%程度。かなり遮断性が低いです。

サージカルマスク(不織布マスク)

メリット:ウイルスの遮断性が95%以上あり、かなり高いです。医療現場で使用されるマスクは全てサージカルマスクです。遮断性によりレベル分けされています。下の表をご覧ください。

デメリット:肌が弱い方は、擦れることで肌荒れしてしまう方がいるそうです。

レベル1レベル2レベル3
細菌
濾過率
95%
以上
98%
以上
98%
以上
微粒子
濾過率
95%
以上
98%
以上
98%
以上
呼気抵抗微弱
血液
不透過性
80120160

各項目の説明
細菌濾過率:細菌を含む平均約3㎛の粒子が濾過された率
微粒子濾過率:平均約0.1㎛の粒子が濾過された率
●呼気抵抗:呼吸のしやすさ
●血液不浸透性:血液が飛び散ってマスクに付着してしまったときにどれくらいの圧まで耐えられるか?

サージカルマスクが最も有効!

まずは、代表的なウイルスやアレルギー物質のおおよその大きさのデータです。

新型コロナウイルス:2㎛
インフルエンザウイルス:10㎚
黄砂:4㎛
花粉:30-40㎛

細菌濾過率、微粒子濾過率の観点から見ると、サージカルマスクであれば最低でも95%ウイルスの侵入を防いでくれます

インフルエンザウイルスはサージカルマスクの網目より小さく、外側から内側へのウイルスの侵入は許します。ですが、内側から外側への飛沫は防いでくれ、また口腔内の保湿の役割があるので有効です。

花粉やPM2.5などに対してもサージカルマスクは最も効果的です。

以上のことから、新型コロナウイルスを含め感染予防対策やアレルギー対策においてはサージカルマスクの使用が最も有効であると言えます。

二重マスクってどうなの?

アメリカ疾病管理予防センターの実験によると二重マスクは効果があるとの結果が出ています。ですが、効果が2倍になるわけではありません。

一重でも二重でも、大切なのはマスクをぴったりと密着させることです。

ちなみに、マスクを着ける順番ですが

①おしゃれメイン:内側にサージカルマスク、外側にウレタン製のマスク

②肌荒れ防止:内側にウレタン製のマスク、外側にサージカルマスク

が良いのではないかと僕は思います。

いずれにせよ、

「サージカルマスクを使用する」
というのがポイントです

まとめ

僕は看護師として日々患者さんと家族を見ていて、完全に面会遮断されている今の現状、危篤状態になっても限られた家族しか最期を一緒に過ごせないこと。

そんな場面をたくさん見てきて、とても心を痛めています。

サージカルマスクを選択し、しっかりと密着させて使用することは自分の身も守り、周りの人のことも守ることができる、とても大切な感染予防策だと思います。

その他にも、手洗い・うがい、アルコール消毒をこまめに行うことが大切です。

ワクチン接種も一般の方々も開始となっています

無料でワクチン接種を受けることができます

新しいワクチンだからといって怖がらず
必ず受けてください

早く皆さんがマスクもせずに笑って過ごせるような世の中になれば…と思っています。

⇒コロナウイルスワクチン注射って?痛い?副作用は?【体験談】

⇒職域接種後はモデルナアームに注意!副反応の特徴と対策【モデルナワクチン】

最後に僕がプライベートで使っているマスクを紹介です。

肌に触れた時の冷感があるサージカルマスクです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる