看護師が教える脱水症状の簡単対策!水分と塩分が大切!

~こんな方へおすすめの記事です~
・簡単に解説をしてほしい
・脱水症状を知りたい
・脱水症状の対策を知りたい

「熱中症」や「脱水症」
自宅で一番起こしやすいのを知っていますか?

本格的に暑くなってきましたね。湿気も強くなってきました。

想像してみてください。

突然同居している家族が暑さで「熱中症」「脱水症」で突然倒れたら…。

「熱中症」「脱水症」日々のちょっとした対策で予防できる病気です。

しかし、重症化すると死に至る病気です。

本記事は「脱水症状」編として、看護師として脱水症状の治療に携わっている僕が

  • 脱水症状について簡単に説明
  • すぐにできる脱水症状の対策

を解説します。

入院患者さんにも説明している内容を特別に公開するよ!

それでは、よろしくお願いします!

目次

脱水症って??【簡単解説】

まずは簡単に脱水症について解説をします。

医学書院から発行されている「救急看護学」のP220-221を参考にします。

脱水症:水分や電解質が喪失した状態。水分と電解質の喪失具合で異なった症状が出現する。重症になれば意識障害出現、血管の閉塞による疾患(脳卒中や心臓疾患)、最悪死に至る。(上記参考書より引用し要約)

脱水症は水分と電解質の喪失具合で3パターンの分類がなされ、それぞれで異なった症状が出現します。

ここでお話しする電解質とはナトリウム(Na)です。

  1. 低張性脱水:水分よりも電解質を喪失
  2. 等張性脱水:水分と電解質の喪失が同程度
  3. 高張性脱水:水分の方が電解質よりも喪失

各分類の脱水による自覚症状について以下の表にまとめます。

低張性脱水等張性脱水高張性脱水
口の渇き(ー)(±)(+)
頭痛(+)(ー)(ー)
体のだるさ強い中等度弱い
精神状態無気力・昏睡傾眠興奮状態

体のだるさや精神状態の症状出現は中等症~重症になります。

日々の暮らしの中では「口の渇き」「頭痛」を意識してみてください。

どの種類の脱水も怖いですが、特にナトリウム(Na)を多く失う脱水は生命の危機が強くなってしまいます。

そういった理由で「水分」「塩分(NaCl)」の摂取を積極的にしていく必要があるのです。

脱水症予防のための水分・塩分摂取のコツ

  1. 1日1.2-1.5リットルを目標
  2. 喉が乾きを感じる前にこまめに摂取
  3. 汗をかかない時は水、汗をかく時はスポーツドリンクが望ましい
  4. アルコールやカフェインが多い飲料は尿を増やすので水分カウントしない
  5. 飴やタブレットで塩分補給

喉が渇いた時には既に体内の水分量が足りていない状態です。
そのため、喉の渇きを感じる前にこまめに水分補給をしましょう。

電解質のナトリウム(Na)は汗や尿から体外へ出ていってしまいます。

ですので、汗をかく時は水分と同時に電解質の補給もしてくれるスポーツドリンクが望ましいです。

⇒脱水症予防にはスポーツドリンク、脱水症には経口補水液(OS-1)
⇒ポカリスエットとアクエリアスの違いは?脱水や熱中症予防にはどちら良い?

尿を増やしてしまうアルコールやカフェインは水分にはカウントしないで下さいね。

まとめ

脱水症予防

本記事では、誰にでもわかるように簡単に脱水症について解説しました。

簡単に解説をした分、恐怖感は少なかったのではないかと思います。

しかし、脱水症は死に至る病気。

でも意識して水分と塩分を摂取するだけで
予防できる病気

特に今のご時世、皆さんマスクをするため、熱がこもって更に脱水症状のリスクが高いです。

ぜひこの記事を読んで下さった皆さんには、家族や友人にも情報共有をして、大切な人たちを守ってくれたら嬉しいなと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる