資産運用を始めるための最初の一冊にしたいオススメ書籍3選

~こんな方へおすすめの記事です~
①資産運用関連のおすすめの本を知りたい
②資産運用を始めるための最初の一冊を知りたい

お金を増やしたいと思った時に初めて資産運用について知ろうと思うのではないでしょうか?

僕もまずは本やYoutubeで知識をつけることから始めようと思いました。

⇒おすすめのYoutuberについての記事 Coming soon…

だからこそ最初の一冊、何を選ぶべきか迷うと思います。

去年、コロナウイルスが流行り、自宅での時間がとても増えました。

僕の趣味に読書が追加され、たくさんの本を読んできました。

特に資産運用に興味を持ち、20冊くらい本を読んでから実際に投資を始めました。

皆さんに自信を持っておすすめできる本を3冊レビューします!

投資って怖いイメージが強いと思いますが
それは投資の知識が少ないからです

これから紹介する本を1冊でも読んでみると、投資の本質やお金の増やし方が理解できるはず。

ワクワクする未来が見えてきます!

それでは、よろしくお願いします。

[temp id=2]

株式投資に興味があるけど怖い…そんな方向けのオススメ書籍3冊

目次

本当の自由を手に入れる お金の大学

僕の記事でもたくさん紹介させてもらっている1冊です。

「一生お金に困らない5つの力」

をキャッチコピーにこちらの本では、株式投資を始める前の段階として、お金を貯める方法、お金を増やす方法などお金に関する知識がたくさん紹介されています。

ですので、投資に興味があるけれども、詳しくわからない…って方にオススメです!

もちろん、投資を始めて間もない方にも投資資金を増やすためのアドバイスが紹介されています。

お金に関する知識が5段階に分けられているのですが、それぞれを色分けしており、とても分かりやすく、読みやすい1冊になっています。

お金に関する知識は、学校では教えてくれないものでした。日本人はマネーリテラシーが低く、稼ぐ者を悪とする風潮がありますが、決してそんなことはありません!

お金は大切ですし、人生を豊かにしてくれるもの

そんな生活を目指して、実践できることを具体例を挙げながら解説してくれている1冊です。

著者はYoutubeでも毎日投稿をされており、投資の初心者から上級者までタメになる知識を無料で公開してくださっているので必見です。

金持ち父さん 貧乏父さん

こちらの本では金持ち父さんと貧乏父さんの違いについてお金の流れを使って説明しています。

貧乏父さん給料をすぐ使ってしまいます。使い方も「支出」として使っており、お金が貯まらない&「投資」という考えに至ることができない。

金持ち父さん資産になるものに対してお金を使うことができる。資産とは金融資産や自己研鑽などです。このようなお金の使い方が好循環を生み出し、お金持ちになれる。という考え方です。

お金持ちの家に生まれなくても、一般庶民でも考え方や行動次第ではお金持ちになることができるってことを教えてくれる1冊です。

投資の本質がわからないから、行動するのが怖い方にピッタリの1冊です。

長い目で見た投資をするのとしないのでは10年後、20年後・・・と時間が経つにつれて大きな差を生み出すということがわかるようになると思います。

長期投資が将来を豊かにするイメージが湧く1冊になるのではないかと思います。

Youtubeなどでもたくさんこちらの本のレビューがされているので、そういうものを見てみてから購入を検討してみても良いかと思います。

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書

お金と人生は切っても切れない関係です。

生きてく上でお金が必要。そして、死んでしまう時もお金が必要なんです。

「貯金」「投資」「教育」「老後」など、これから生きていく上で必ず役に立つお金の教養本となっています。「社会に出てからのキャリア形成」「独立や起業」「収入と支出の管理」などから、借金(クレジットカードや住宅ローン)、金融詐欺、税金、法律と契約まで、これからの人生に必要なことが網羅されています。

この1冊で人生における、基本的なお金関連の全てを学ぶことができるのではないでしょうか?

「人生100年時代」と言われていますが、長期目線で投資をすることの大切さが説明されています。

マネーリテラシーを養うことができる1冊になっています

そして、なによりも驚くことは、このような内容をアメリカでは高校生のうちから学んでいるということです。

日本との差が歴然ですよね!日本とアメリカの経済規模が違う理由が本当にわかりますよね。

日本では、興味をもって学ばないと、マネーリテラシーを養うことができません。

が、この本ではアメリカの高校生レベルでも理解できる程度の内容になっています。

難しいですが・・・(笑)

この本を読んで、投資をするという行動に至らなかったとしても、これからの人生において、お金に対しての価値観が変わったり、行動が変わったりする1冊になると思います。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、株式投資を詳しく説明している本を3冊紹介しました。

というよりかは、マネーリテラシー向上がメインでしょうか?

3冊の本に共通して言えることは、「長期目線でコツコツと積み上げていく」ということです。

投資といえば、大儲けや大損をイメージするかもしれませんが、それは短期目線で大きな資金を使っているからです。ギャンブルに近い考え方かもしれません。

でも、それは違って、長期でコツコツ積み上げていくことで時間を味方につけて、右肩上がりに成長していく経済に乗っていくことで利益を生み出していくのが、正しい方法だと思います。

この本のどれかを読んで、それでも怖ければ投資はやらなくてもいいと思います。

でも間違いなく、

あなたのマネーリテラシーは向上して今後の人生において役立つ時が来る

と思います。

この記事を読んで下さる皆さんが、豊かな未来をイメージできますように。

本を読んで勉強をした後は、証券口座を開設することが次のステップです!

⇒【投資初心者】証券口座を開設しよう-各証券口座の特徴を解説-

最後まで読んでいただき
ありがとうございました

Twitterでも有益な情報を発信しているのでフォローをしてもらえると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアやフォローよろしくお願いします!

ブログ運営者

●大学病院の看護師
●専門
脳神経外科、救急医療
コロナ専門病棟
急変対応、蘇生教育
●資格
看護師
保健師
第一種衛生管理者
日本救急医学会 
ICLSインストラクター
ISLS認定インストラクター
JPTECプレインストラクター
●Age:29
●趣味:読書、音楽・映画鑑賞
●資産運用:米国株/高配当株/インデックス投資/FX/仮想通貨

コメント

コメントする

目次
閉じる